羽生結弦 生まれ日の呪縛

有名人の素質

人間関係の悩みを解決、自分自身を知ることのお手伝いをしているカウンセラーの藤原です。

有名な人や気になる人をパーソナル心理学で分析する生まれ日の呪縛シリーズですが、今回は羽生結弦さんです。

この方については説明する必要はないと思います。
フィギアスケーターとしてオリンピックの2大会連続金メダルなどの輝かしい成績を残された方です。最近では一般の女性と結婚されたのですが3ヶ月で離婚になったことで話題になりました。

実はこの方の事は、オリンピックなどで活躍されていた時にもこの「生まれ日の呪縛」シリーズで何度か書こうかと思っていたのですが・・・・

なかなか書かなかった理由がですね~この方の「持って生まれた素質」って普段TVなんかで見えている姿とはかなり違うんですよ。この方には「ユズリスト」と呼ばれる熱狂的なファンがおられるのでも有名ですが、今回の離婚騒動の原因の一つにその過激なファンの影響っていうのも言われていました。

なので、いろいろと絡まれのも嫌だな~ってのがあったので書かなかったのですが、あま僕のブログ程度は読むのは僕のお客さんが殆どですからそんな人達の目には止まらないでしょ~

毎回、このシリーズでは書きますが、僕は羽生さんとは会ったこともありませんし関係者とも知り合いなどはいません。ですので、普段のセッションの時はお話を聞きながら素質をどういう方向に出しているのかを判断しながらになるのですが、それがありませんのであくまでも「素質から見たら」という事でこの素質の組み合わせでもっとも可能性の高い事を書きます。

今回は特に、この方の大ファンだと言う方は読まないことをおすすめします。

さてこの方の「持って生まれた素質」ですが・・・・

フィギアスケーターとしての才能とはあまり関係ないのかもしれません。
確かに素質はある程度の「何をするか」を決めている傾向はあります。

ただ、それは野球やサッカーだとポジションに出ます。

その競技の才能とかそれを目指すのは素質とは別の所にあるのだと思います。

ですので、羽生さんのフィギアスケーターとしての実績や才能は疑うとこなど微塵もありません。

ただ、「人」としてみた時は素質的には「クズ」です笑

クズは言い過ぎかもしれませんが、この組み合わせの人は距離感があれば凄くいい人です。
そしてそれを演出するのもうまいですし、ナチュラルに人から好かれる愛されキャラな素質でもあるんです。

毎回説明しますが、パーソナル心理学では本質ともう一人の自分と言う2つの素質の組合せを主に見ています。

この羽生さんは本質も、もう一人の自分もさっき書いた「距離感」があればとても良い人な素質なんです。そうする理由は本質ともう一人の自分の素質が違うので別ですが結果的にどちらの素質もそうする素質なんですね。

本質がいい人でいたいのは「争いたくない」からです。
そしてもう一人のじぶんの素質がいい人なのは「守られたい」からです。

本質の「争いたくない」ですが、これは勝ち負けを好まないではなくて真逆で勝ち負けにはかなり執着するんですが、あくまでも最終的に勝っていたいと思うタイプなので目先で争うことをしないだけなんです。

目先で争って不利になるよりも、じっくりと作戦を立てたり裏で準備をしたりして最終的には相手が気づかないうちに勝っていようとします。

良い言い方をすれば策士ですが悪く言うと「腹黒い」のです。

このタイプは、争わないために基本的には周りに合わせます。合わせますがかなり自分軸は強く相手のことを見ていません。

そして、自分を隠すのがとても上手くこのタイプが隠しているとまず「友達」程度の距離感では見破れません。

もう一人の自分の素質の方は、「人のため」もするのですがそれは基本的には「セーフティー」と言う要素があるからで、この素質の人は「守られたい」と言う願望が強いのです。

いい人でいることで攻撃をされないようにしていたり守ってもらえるようにしているんです。

ただ、特に男性の場合は「守られる」ことが少ないので、その分は自分で安全で安心を確保しようとストイックになる人も多くいます。なので、格闘技とかをやったり体をやたらと鍛えたりします。

そのあたりのストイックさが競技にもでているかもしれません。
この素質の人は守られている意識が強いと、非常に才能が豊かな人も多いのです。

この素質は、距離感があればいい人ですしストイックに頑張る人でもありますが、距離感の非常に近い相手に対しては極めてわがままです。

身近な人に対しては自分の欲求が最優先で、どんなことよりも自分の欲求を優先します。
その為、自分の思い通りでないとキレやすく、モラハラとかDVもすることが多くあります。

あとこのタイプの人は、守られたい願望から「マザコン」な人も多くていつまでもお母さんから親離れしなかったりもします。

競技に関することは、僕たちがTVなどで見ているままだと思いますが、「人柄」としては距離感の近い人からはかなり違うイメージの可能性があります。

この素質の人はそれを隠すのが異常に上手いですし、辻褄を合わせる天才なのでなかなか見抜くことは難しいかもしれないですね。

今回の離婚の話も、マスコミや過激なファンの行動が原因になっているのは事実かもしれませんが、もしかしたら、いざ結婚して距離感を縮めたら思っていたのとは違ったということもあるのかもしれません。

それに、離婚での騒動もこれだけの有名人ですからある程度は想定できたように思います。
それを超えての問題行動が有ったのかもしれませんが、想定してそれなりの対策はできなかったのかとは思います。

想定が甘かったのか、それともいざとなったら逃げてしまったのか・・・・
もう一人の素質の方は「自分の安心で安全」がとても大事な素質ですからね。

「相手を守る」のは自分にかなりの余裕がある時だけです。

というわけで、最初に「クズ」と言った通りだと思うのですが・・・・
もちろん、これはあくまでも「持って生まれた素質」ですから、育ってきた過程や人生の中で修正している可能性もなくはありません。

それが修正できているから世界のトップに立てたのかもしれないですからね。

よくお客さんから、出会った気になる異性を分析して欲しいと頼まれることがあるのですが、その時に稀に「やめたほうがいいよ」って言う素質の人の時があります。

それはそのお客さんと「合わない」のではなくて、誰に聞かれても「やめたほうが」って言うような素質の組み合わせの場合なんです。

そんな時に、「これは持って生まれた素質だから絶対は言えない。ただ、100個中に95個が爆弾入のガチャを勧められないってことだと思ってください」ってよく言います。

羽生さんが残りの5個な可能性はもちろんありますが・・・・

離婚騒動の時に羽生さんのおばあさんが「あの子はまだまだ子供なんです」って言ってったのと、お母さんの言いつけでいまだに携帯電話を持ってないのが気にはなりますが・・・・

*↑のことについて指摘がありました。
かなり端折った言い方をしたので、誤解を招くような言い方になったようで申し訳ありませんでした。

正確には、携帯電話を持っていないではなく、iPhoneを持っていますがシムを入れずに使ってSNSなどをやっている。シムが無いので電話ができませんが(LINE電話とかのIP電話ができますが)、それはスケートに邪魔になるとの事のようです。
まあ、これも週刊誌に出ていた情報ですから、どこまでが本当かは僕にはわかりません。

なんにしても、この話は結局は答え合わせはできないでしょうからね。

それではこれで終わります。

そんなパーソナル心理学講座の「ファーストセッション:人間関係完全攻略編」を受けてみませんか?
講座は対面でもリモート(電話、Skypeなど)でも可能です。

ファーストセッション「人間関係完全攻略編」の本音軸、建前軸の解説動画を無料公開しています。
これを知るだけでも人間関係の悩みは激減します。
https://youtu.be/Wy9z1ISQKt0?si=Vnu8wWLgTQnejuaY

こちらに金額など出ています。
https://getterlabo.com/hp/ryoukin

こちらは、パーソナル心理学を使ったセッションや講座を受けたお客様の声です。
https://getterlabo.com/hp/personal-reviews

LINE公式アカウントを作りました。

登録された方にはゲッターラボ独自の「持って生まれた素質」を分析する、パーソナル心理学で作る「分析シート」を御本人+1名分の合計2枚を無料で差し上げます。

登録が完了しましたら「分析シート希望」と公式ラインのトーク画面からご連絡ください。
登録はこちらから↓

友だち追加

気になる方はこちらもどうぞ
https://getterlabo.com/hp/personal-psychology

対面だけでなく遠方の方には電話セッションなども可能です。
こちらを確認ください。
https://getterlabo.com/hp/